KOSEヴィセクレヨンアイカラーを買って使ってみた感想・・

様々なアイシャドウが出回っているなか、何を選べばよいのか?使い心地?値段?知名度? 今回、購入した商品は、KOSE Visse(ヴィセ)クレヨンアイカラー(ブラウン)です。

ふらっと立ち寄ったドラッグストアでメイク用品をみていたところ、今まで使ったことが無いクレヨンタイプを、たまたま手にとったのがきっかけでした。 アイカラーとしてもアイラインとしても使用できて、「ぼかして引いて自由に描ける濃密発色のアイカラー」が謳い文句。おまけに、艶のある濃密発色。いつもペンシルのアイラインとパウダーのアイシャドウを両方使っていたので、「艶」という言葉にとても惹かれました。おまけに、削らず使えるくりだし芯とのこと。これは、時短にもなって一石二鳥!と飛びつきました。購入後早速、使用してみたところ、まさに謳い文句どおりの使い心地でした。

一度引いたアイカラーを指やチップでぼかすこともでき、発色もとても良く艷やかさにも嬉しくなりました。そして、艷やかなのにベタベタとしない、さらっとした仕上がりになります。クルクル回すだけで、クレヨンが出てきてくれるところも、期待通りの手軽さでした。 ピュアゴールド配合とのことで、今まで使っていたパウダーのアイシャドウよりも、立体的に見えました。

あえてダメなところを挙げるとすると、今までブラックのアイラインとブラウンのアイシャドウを使用していたので、このクリームアイカラー(ブラウン)を、謳い文句のアイラインとして使用するのは少し物足りなさを感じました。

良いところダメなところを踏まえて、トータルすると、結局は買って大正解でした。少し物足りなさを感じるときは、既存のアイラインを付け足したりもしていますが、ナチュラルにしたい時は、クレヨンアイカラーをまぶたにぼかしたりしながら使用しています。今までにない仕上がりですが、それはそれで新しい発見ができて楽しんでいます。

店頭にはカタログ等々に色々な謳い文句が書かれていて、雑誌等でも評判などが載っている場合もあり、ワクワクしつつも悩んでしまう場合が多々ありますが、今回の初挑戦のクレヨンアイカラーの体験からもわかるように、今までと全く同じ仕上がりを求めていくというよりは、使い心地や希望の雰囲気は大切にしながら、新しい発見もまた楽しむというスタンスで、コスメ選びをすると、選ぶ楽しさと使う楽しさの両方を感じることができるのではないでしょうか。

サジージュース口コミ